html5

Web系プログラマがスマートフォンアプリの作成に挑戦する方法



スマートフォンアプリを作成するには対応OS毎に開発言語の習得が必要となりますが、こちらを使用すればWeb系プログラマでもスマートフォンアプリの作成が可能になります。

ハイブリッドアプリ

今までだとAndroid側だとJava、iOS側だとObjective-C、swiftの習得が必要でしたが、ハイブリッドアプリだとOS側のWebViewでHTMLを呼び出して処理を実行させることでJavaやXcodeの知識がなくても開発が可能になります。
そのため、OS特有の言語の習得は不要となります。
説明図

クロスプラットフォーム

Android、iOSの開発方法、言語は違いますがハイブリッドアプリだとWebViewから呼び出されるのでHTML、CSS、Javascriptを習得していればOS関係なく作成することがかのうとなります。

Web知識で開発が可能

ハイブリッドアプリ開発ではHTMLやCSS、JavaScriptといったWeb開発の知識でスマートフォンのアプリを作成出来る利点があります。
これにより、OS特有の言語使用者のみならずWeb開発者も新たに言語を学ぶ必要なく、開発が可能となります。
ただし、通常のWeb開発と違いますのでモバイルアプリでの作成に関しては勉強する必要があります。

Javascriptから端末の機能が使える

ハイブリッドアプリ開発用のフレームワークを使うことで、モバイル端末のみで利用できるカメラや、センサーをAPIとしてJavaScriptから呼び出すことができます。

ハイブリッドアプリのデメリット

ハイブリッドはメリットもありますがもちろんデメリットもあります。

例えば、ネイティブでOpenGL等を使って高速描画させているゲームなどをハイブリッドアプリで実現しようとすると厳しいものがあります。
また、HTMLのレンダリングエンジン上で動くという性質上、端末のスペックを最大限引き出すような処理もネイティブアプリと比べると苦手です。

ハイブリッドアプリの作り方

ハイブリッドアプリの作成方法は主に下記の2種類になります。

ハイブリッドアプリをフレームワークを使わずに作る

結果としては結局通常のスマートフォンアプリを作成するのと同等の手順が必要になり、OS毎に開発する手間があるのでオススメはしません。
ただ、どうしてもフレームワークでは実現出来ない場合は自前で作成する必要があるかもしれません。

フレームワークを使用する

各種フレームワークを使用することによってOS毎の差を吸収してもらい、ハイブリッドアプリの実現をします。

Web系プログラマからの転向

通常のスマートフォンアプリの作成とは違い、ハイブリッドアプリで作成すればWeb系プログラマからの転向も考えられます。
ただ、それでも最低限の学習が必須です。

私も挑戦してみましょう。


コメントを残す