can_i_use

HTML5、CSS3のブラウザ毎の対応状況が確認できる「Can I use…」



HTML5、CSS3の技術って結構ブラウザ毎に対応状況が違うので困ることがあります。
一々ブラウザ毎にテストして確認やサイトで調べたりするのもとても手間です。

ですが、「Can I use…」を使えば指定のタグ等の対応状況をブラウザ毎に確認することが可能です。

使い方はとても簡単。使いたいタグの名前を検索するか、検索エリアの下にある一覧から選択するだけ。


今回はとりあえず「Video」と検索してみます。


「Video」と含む要素の一覧が検索されてきます。
下記の図のように詳細が入力と同時に出てきます。
黒い帯になっている箇所が現在の各ブラウザのメジャーバージョンのようです。
ちらっと右上に「Global 91.18%」と出ているのは使用可能なブラウザの割合のようですね。
検索エリア下部に「10 results found」と出てきて来ましたので10件当てはまるようです。


サイト下部に色ごとの説明がありました。

項目意味
Supportedサポートしてる
Not supportedサポートしていない
Partial support部分的にサポートしている
Support unknownサポートしているかは不明

「Usage relative」を選ぶと各ブラウザのバージョン毎の使用率が見れるようになっています。
とてもわかりやすい状態です。


検索エリア横にある「Setting」を押すと様々な設定が可能です。

各項目の簡単な説明
項目意味 Min. browser usage表示するブラウザのバージョンの割合 From geographyアクセス場所の設定(設定すると国別のデータが閲覧できる) From Google AnalyticsGoogleアナリティクスから国情報を取得 Browsers対応バージョンを表示するブラウザ Categories検索結果に表示するカテゴリ Statuses検索結果に表示するステータス Accessible colorsチェックを付けるとサポート分けの色が変わる Show full prefixesチェックを付けると完全名称で表示される
Chome 42 → Chrome 42 Webkit List sort表示内容のソート順の変更
検索しやすくて、かなりの量のブラウザの対応バージョンがとても見やすいです。
CSSやJavascript、HTML5が一覧になっているので面白そうなものを見つけたら試してもみたいですね。


コメントを残す