digital

これからプログラマーを目指す人へ



これからプログラマーになる人へ、勉強方法や心構えをお伝えしたいと思います。
参考程度に見てください。

目標を決める

最終的に自分がどのようなシステムを組みたいか考えてみてください。
目標に必要な能力を考えてみると自分にこれから身につけるべきスキルがわかるはずです。

今のやっている仕事の向上でもいいですし、自分で最終的にWebシステムを持ちたい等でもいいです。
何か一つ目標を掲げて、その目標にはどんなスキルが必要なのか考えてみてください。

目標に必要なスキルを考えて何を勉強するか、したいかを明確にしてください。

勉強方法

最初から本を買うのはオススメしません。
初心者用の本は本当に簡単なことしか書いてないですし、下手をすると見ているだけで満足してしまいます。

自分で調べてどの言語から勉強をするかを決めてネットで情報を探しつつ進めてください。
自分で調べて、苦労した方が覚えます。

本は初心者を脱した頃にリファレンスブックや、ソフトウェア工学についてのものを買ったほうがオススメです。

マニュアルを読もう

言語毎にマニュアルがあるので読めるようになりましょう。
これはどんな言語でもマニュアルに書かれていることが最も正しい(時々間違ったものもありますが・・)のと、マニュアルの書かれ方に慣れて欲しいためです。
大抵の日本語マニュアルは元々の英語等から機械翻訳しているため、おかしい日本語が多々あり、これに慣れる必要があるかと思われます。

また、最新のマニュアルの場合は英語等しかなかったりするので臆せずサイトを使ったりするなどして読んで欲しいです。

問題解決能力を付ける

作ったものにバグや不具合等の問題があった場合、当然ですが問題を解決しなければ行けません。

当たり前ですが、プログラムはコードに書かれていることしかしません。
なので書かれているコードをよく見て発生した問題からどのような対処をすべきか予測してください。
闇雲にソースをいじって更なるバグが増えるかもしれないので気をつけてください。

常に最新を追う心構え

可能であれば挑戦しなくとも常に最新の情報を追ってください。
新しいこと自体、刺激になりますし、今は使わなくとも「こんなことが可能になった」くらいは頭になると役に立つことがあります。
ただし、最新を追い過ぎて浅く広く身につかないということがないように気をつけましょう。
基礎は一番大事なことです。


コメントを残す