gmail_logo

Gmailで大量のアカウントが必要な場合の対処方法



ユーザ登録やメール送信テスト等様々な理由によって、テストを行う際にメールアドレスが大量に必要になる時があります。

そんな時の対処方法をご紹介。

Gmailに登録

まずは1個、Gmailのアカウントを取得しましょう。
Gmail アドレスの作成

アドレス「+英数字」を付ける

登録したGmailのアドレスに「+英数字」を付けると自分の登録したGmailアドレスとして認識してくれます。
例えば、「hoge@gmail.com」と登録していた場合、「hoge+1@gmail.com」と送信先を指定すれば登録した「hoge@gmail.com」に届きます。
hoge+a@gmail.com
hoge+a1@gmail.com
hoge+b123@gmail.com
hoge+xyz@gmail.com
hoge+test@gmail.comなどなど・・

この手法を駆使すれば1つのメールアドレスで擬似的に大量のメールアドレスが使えるようになります。

試してみました

自分のメールアドレスに対して送信テストを行ってみました。
メールアドレスの@の前に「+abc123」を付けています。
メール作成

メールを受信。
メール受信

詳細を開いて送信先のメールアドレスを確認。
メール詳細
「+abc123」が付与された状態で届いています。
もちろん、私のメールアドレスは付いていない状態が本来のメールアドレスです。
これで複数登録を行う時に1つのアドレスで大量のメールアドレスが使用できますね。

また、登録先毎に+の後の英数字を変更すれば、自分の個人情報の流出先などの判定が行えます。


コメントを残す